Tsuzuki Ear Nose Throat Clinic
Established in 1998
Tel:045-910-3516

その他の病気の知識 


 耳鼻咽喉科は大学病院においては頭頚部外科という呼び方もされており、首の付け根から上の脳、眼球
歯を除くあらゆる部分の疾患を扱う科なのです。頭頚部は体の中で最も多くの神経や筋肉が働いている
場所であるため、耳鼻咽喉科の外来においては耳、鼻、ノドの病気だけでなく、色々な原因による顔面、
頚部、頭部の症状を訴える患者様が沢山おられます。従って「その他の病気」は数限りなくありますが、
その中から「めまい」「顔面神経麻痺」「頭頚部癌」について簡単に解説させていただきます。
 

1)めまいの知識

 めまいとは自分の体や周囲が動いていないのにもかかわらず、動いている感覚になってしまう状態で、
吐き気を伴うこともあり、非常に強い不安を伴う病気です。脳に大きな問題が起きたのではないかと思い、
脳外科を受診なさる方も多いようです。ふらふらする、ふわふわする、ぐるぐる回るなどめまいの感じ方は
色々ですが、めまいの原因も多種多様であり、原因をつきとめた上で治療薬を選ばないと十分な効果が
得られないことが多いものです。

  病気のメカニズム  めまいのない正常な状態では、めまいに関連する体のいろいろな部分は、
機能的に左右のバランスがとれている状態にあります。このバランスが崩れるとめまいを感じるように
なるのです。めまいを起こす原因となる代表的な部位としては、まず耳の奥の骨の中にある内耳という
場所が重要です。内耳は聞こえの神経とめまいの神経が脳から降りてきているところです。従って内耳に
血液の循環障害(流れが悪くなる)などのトラブルが起きると、めまいと同時に難聴や耳鳴り、耳が詰まった
感じなどを伴うことが多いものです。しかし、めまいの神経のみが障害され、耳の症状を伴わない内耳性の
めまいもあります。内耳が原因となるめまいの代表的疾患として昔から有名なものにメニエル病
あります。あまりにも有名であるために、めまいを扱わない医療施設では、患者様が「めまいがする」と
訴えただけで「メニエル病かもしれない」といわれることが多いようです。メニエル病は耳鳴りや難聴が
めまいと一緒に発作的に出現し、数日以内に消失しますが、これが繰り返し起こるというものです。
メニエル病を始めとする内耳のみの障害によるめまいの場合は、どんなに症状が強くて動けなくても
吐いていても、直接命にかかわることはありません。これに対して脳のめまいに関与する部位、例えば
小脳や脳幹
といわれる脳後下方の部位に障害があってめまいが起きる場合は、障害の原因によっては
命取りになることもあります。多くの場合は血液の循環障害によって、これらの部位の機能障害が生じて
めまいを起こしているので、小脳や脳幹の循環障害を改善する薬を選ぶことにより、めまいが治ります。
循環障害の原因も色々あり、首の骨(頸椎)の変形により血管が圧迫されていたり、動脈硬化により
血管内が狭くなっていたりしていることが多いようです。しかし、血液が完全に途絶えてしまう脳梗塞や、
脳の出血がこれらの部位に起きた場合、また脳腫瘍がこれらの部位を圧迫している場合は、脳外科などで
のしかるべき処置が必要となります。ただし、これらによる危険なタイプのめまいの場合は、小脳や脳幹の
神経による特徴的な症状(しびれや麻痺、ろれつがまわらないなど)が加わったり、殴られたようなひどい
頭痛を伴うことが多いものです。このほか耳鼻咽喉科の外来でよく見られるのは、首の筋肉の緊張
異常に高まることによるめまいです。よろけずに体が正常に動いている時には、動作に応じた全身の
筋肉緊張のバランスが無意識のうちにとれているものですが、これが崩れてしまってめまいが起こるもの
です。肩こりが強い人に多く見られ、筋肉の緊張をほぐす薬が効果的です。他にも自律神経失調によって
起こるめまいもあり、貧血や血圧異、ホルモンの異常、神経疾患、精神疾患、薬の副作用、塗料などの
有機溶剤によってもめまいが起こります。また時に眼疾患や鼻疾患によってもめまい様の症状が見られる
ことがあります。

  治療  めまいは同じ症状に見えても原因が同じとは限りません。めまいの程度にかかわらず、しびれ
や麻痺、ろれつがまわらない、動けないほどの頭痛などを伴う場合は、脳梗塞、脳出血などの可能性が
ありますので、まず脳外科を受診した方がよいでしょう。その様な症状を伴っていなくて、めまいや吐き気が
強いために動けない場合は、症状を緩和するために数日間の点滴が必要になる場合が多いので、まず
入院施設のある病院を受診した方がよいでしょう。それ以外の場合は疲れがたまっていたらまずゆっくり
休みましょう。めまいの多くは原因にかかわらず肉体的または精神的な疲れがたまってしまった場合に
起こることが多いものです。耳の症状が伴った場合は聴力が落ちて戻らなくなることがありますので、
なるべく早く耳鼻咽喉科を受診して検査を受けた方がよいでしょう。耳鼻咽喉科では内耳によるめまいを
診察するだけでなく、めまいの原因が何であるかを検査します。特に繰り返し起こるめまいの場合は十分な
検査を受けて、原因を追及した上で投薬を受けると効果的です。治療薬は検査結果に従って、内耳の
循環改善剤、脳の循環改善剤、めまいに関する神経に働くビタミン剤、代謝賦活剤、筋緊張緩和剤、
自律神経の安定剤、精神安定剤、ステロイドホルモン、血圧を上げる薬などを使い分けることになります。
また原因によっては内科や脳外科などに治療依頼をすることもあります。
 

2)顔面神経麻痺の知識

 顔面神経麻痺は、麻痺が起きたほうの顔面の筋肉が動かなくなり力が入らなくなるため片方の目が
閉じない、口がしっかり閉じずに水が漏れる、顔が非対称になるなどの症状が出現します。また味覚神経
も顔面神経の一部なので味もわかりにくくなります。よく混同される病気に顔面神経痛がありますが、
これは顔面の痛みを感じる三叉神経の病気で、顔面神経麻痺と同じく耳鼻咽喉科で診断されますが全く
異なるものです。
 
  病気のメカニズム
  顔面神経は脳の一部の脳幹から紐状に出てきて、聞こえの神経や平衡機能の
神経と一緒に耳の骨の中に入ります。耳の骨の中の顔面神経の通り道を顔面神経管といい、耳の下の
部位から管を出て、耳下腺(おたふくかぜのときに腫れる唾液腺のひとつ)の中に入り、耳下腺の中で5本
の枝に別れてからその末端が顔面の各筋肉に分布します。顔面神経麻痺で最も多いのは原因不明
(何らかのウイルスによるという説が多い)とされる特発性顔面神経麻痺です。寒冷刺激や精神的肉体的
疲労が続いた時などに突然発症します。次に多いのが帯状疱疹ウイルスによるもので、耳の中や周りに
水疱ができて痛みが出る場合が良くあります。また難聴やめまいを伴うことも多く、ハント症候群と言われて
おります。これらの麻痺では顔面神経管の中で神経が炎症を起こして腫れあがり、神経の機能障害が
起きます。その他の麻痺としては脳腫瘍や各種脳疾患、全身的な神経疾患、白血病などの全身疾患に伴う
ものや、重症の中耳炎、耳下腺腫瘍、頭蓋底骨折、頭部および顔面外傷などでも顔面神経への影響が
出て麻痺が起きることがあります。

  治療  特発性の麻痺と帯状疱疹ウイルスによる麻痺ではステロイド(時に大量療法)循環改善剤、
神経に働くビタミン剤などを用います。顔面神経に酸素を十分供給するために高圧酸素療法や神経の
周りの血管を広げる星状神経節ブロックなどが行われることもあります。帯状疱疹ウイルスに対しては
抗ウイルス剤も使用されます。他の原因による麻痺についてはそれぞれの疾患を外科的、内科的に治療
することが基本になります。

3)頭頚部癌(耳鼻咽喉科の悪性腫瘍)の知識  

耳鼻咽喉科で扱う悪性腫瘍は総称して頭頚部癌と言います。鼻や副鼻腔、咽頭や喉頭、舌を含む
口腔、耳下腺・顎下腺・舌下腺などの唾液腺、甲状腺それに外耳・中耳などの耳にできる悪性腫瘍が主な
ものです。正確には悪性腫瘍は、上皮といわれる表面の細胞から出来る癌腫とそれ以外の細胞から
出来る肉腫に分かれますが、ここではひとまとめに「癌」と表現させていただきます。

  病気のメカニズム  首の付け根から上の頭頚部は脳・眼・歯を除いて耳鼻咽喉科の受け持ち範囲
であり、ここには聴覚・嗅覚・味覚・平衡覚などの感覚器に加え、顔面の筋肉を動かすための顔面
神経や顔面の知覚を受け持つ三叉神経を始めとする重要な神経が集中しています
。また脳や眼に
近い位置であることからも頭頚部癌はさまざまな機能障害を伴いながら生命にかかわっていく病気と
言えます。発生した癌細胞は細胞分裂をどんどん繰り返すことにより癌細胞の塊が大きくなり、広がって
いきます。頭頚部癌が耳、鼻、のど、口腔などに発生するとしこりや色の変化が起こり、部位によって様々
な症状や違和感を生じます。これが進行して行くと癌が正常な部分を破壊して広がっていくため上に述べた
ように感覚器や神経の機能障害を起こすようになります。以下に頭頚部各部位の癌の特徴を挙げて
みます。

  1)鼻腔・副鼻腔癌  
鼻腔や上顎洞・篩骨洞・前頭洞・蝶形洞などの副鼻腔から発生するもので、
これらの空洞の中に腫瘍が育ってくることにより片方の治りにくい鼻づまりや血液混じりの鼻水などが
みられるようになります。他に片方の頬の痛み・違和感や腫れ、涙が溢れる、悪臭、歯痛、嗅覚障害
などもよくみられます。骨を破壊して広がっていくと眼をはじめ様々な神経を介する機能障害が現れます。
特に副鼻腔癌は骨に囲まれた空洞であるため初期症状に乏しく、副鼻腔炎として治療されていることも
多いものです。40歳以上で片方の副鼻腔炎が治りにくい場合も精査を必要とする場合があります。

  2)咽頭癌  咽頭癌は上咽頭(鼻咽腔)に発生するものと、中・下咽頭に発生するものではかなり症状
が異なります。上咽頭癌について述べますと、上咽頭には耳につながる耳菅開口部があるため、耳の
詰まった感じや難聴、耳鳴り
などが唯一の症状として現れることが多いものです。また鼻の後ろに当たる
部位であるため、後鼻孔(鼻の後ろの穴)が狭くなって鼻づまりが起きたりいびきが目立ってくることも
あります。食物の通り道ではないため、いわゆる「のど」の症状はほとんどなく、脳に近い部位であることか
ら眼を動かす神経に障害が出てから発見される場合も珍しくありません。また首のリンパ節の腫れ以外に
検査上異常がなくて、しばらく経過してから上咽頭に腫瘍が見えるようになる場合もあります。他の癌よりも
若年者に多いことも特徴です。 中・下咽頭癌では咽頭異常感、嚥下痛、嚥下困難が主な症状ですが、
下咽頭癌では近くに存在する喉頭に進展して声枯れが出て初めて発見
されることもあります。

  3)喉頭癌  喉頭は発声に関する構造であり、また肺に続く気管の入り口に相当する部位であること
から呼吸にも大いに関係します。したがって喉頭癌の症状は声枯れ、咳、喉頭部異常感、呼吸困難、
血痰
などです。声帯より上の喉頭蓋に癌が発生すると異物感、飲み込むときの痛みがみられますが、
声帯に癌が出来た場合はほとんど声枯れが最初の症状です。声帯の下方に癌が発生した場合は初期は
無症状であり、進行してから声枯れなどの症状が出ます。喉頭癌の発症には他の癌以上に喫煙が大きく
影響する
と考えられています。

  4)口腔癌  口の中のあらゆる場所に癌の出来る可能性がありますが、良性のできものも数多く
見られます。患者さん自身が鏡で見ることが出来るので、心配されて受診なさることが多いのですが
頻度的には良性のものが圧倒的に多い傾向があります。口腔癌の代表的なものは舌癌です。主として
舌の横の部分(側縁)にしこりや白いものが出来たり、歯があたって痛い、食物がしみる
などの症状
があるときは早めに調べるべきです。歯列の不正や義歯などによる舌への慢性刺激も舌癌の誘因になる
ようです。舌に限らず頬の内側などの表面にも白い部分が見つかった場合は、白斑症と言われる精査や
経過観察を要するものであることがあります。

  5)唾液腺癌 唾液腺は大唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺)と小唾液腺(唇の内側など口の中の粘膜
に多数存在する小さな唾液腺)に分けられます。耳下腺は両耳の下にある唾液を作る一塊の腺組織で、
「おたふく風邪」の時に腫れる所です。顎下腺は顎の下の両側に存在し、舌下腺は舌の下の部分の粘膜
に覆われて両側に存在します。耳下腺癌がほとんどで、顎下腺には少なく、舌下腺には稀です。耳下腺
にはしばしば良性腫瘍がみられ、大きく腫れることもありますが、悪性の腫瘍は固着して動きが悪く
周囲との境界が明瞭でない傾向
があります。唾液腺に癌が出来ても他の唾液腺が働いていますので
唾液が出なくなるようなことはまずありません。耳下腺の中を顔の筋肉を動かす顔面神経が通っています
ので、癌がある程度進行すると顔面神経麻痺による顔の非対称がみられ、また痛みも出てきます。

  6)甲状腺癌  甲状腺は、ノドボトケの数cm下に気管の周囲を取り巻く形で存在する臓器で、代謝を
高める働きをする甲状腺ホルモンを分泌しています。癌が発生しても初期にはほとんど症状がなく
ホルモンの異常も認められません。腫れ物を甲状腺に触れる場合もありますがノドの違和感の検査で
偶然見つかる場合も多いものです。癌が進行すると甲状腺の近くを通っている声帯を動かす神経
(反回神経)を障害し、声が枯れたり飲み込みにくくなったりすることがあります。90%近くが発育の遅い
ですが中には急速に進行するものもあります。


  7)聴器癌  頻度の低いものですが、耳介の癌や外耳道癌は時々みられます。紫外線暴露や慢性
の炎症、湿疹、慢性の機械的、科学的刺激が誘因になっていると言われています。耳介癌は、痛みを
伴う表面が凸凹の出血しやすい腫れ物
としてみられることが多く、外耳道癌は初期からの痛みが
特徴的であり、耳漏、出血、耳の詰まった感じ
などの症状は慢性外耳道炎や慢性中耳炎との区別が
つきにくいものです。進行すると顎の関節が近いため開口障害を起こしたり顔面神経を損傷して顔面の
非対称を起こすこともあります。中耳癌はさらに稀なもので50~80%に慢性中耳炎を合併しています。
「耳だれ」や難聴、耳痛など慢性中耳炎の症状とまったく変わりが無いことがほとんどであり、治りが
悪く、進行していく傾向が強い場合に中耳癌を疑うことになります。進行すると、耳の骨(側頭骨)には
三半規管や聴神経、顔面神経が存在し、脳にも接しているため難聴、顔面神経麻痺(片方の
顔面筋が動かなくなる)、各種の脳神経麻痺、髄膜炎症状など
が現れてきます。

  治療  まず何よりも早期発見が重要です。早く発見することにより治療の効果が出やすいもので
あり手術をするにしても切除範囲が狭くて済み、完全治癒の可能性が高くなります。気になる症状がある
場合は早めに耳鼻咽喉科を受診し、気になっている症状の原因が何かを調べましょう。幸い
頭頚部癌は他の内臓の癌と違って、多くの例で内視鏡を含む耳鼻咽喉科の検査器具によりその場
で疑いがあるかどうかを調べることが出来ます
。もちろんごく初期のものでは何度か検査を
繰り返さないと判断できない場合もありますし、癌以外の病気に隠れてある程度時間が経たないと癌の
所見が得られない場合もありますので、医師より通院を勧められている場合は自覚症状がなくなっても
通院・経過観察を怠らないようにして下さい。頭頚部癌の治療は上に述べた1)~7)の各種の癌によって
手術、抗癌剤などの化学療法、放射線療法、これらの組み合わせなど有効な治療法が異なります。また
最先端の医療機器と技術を用いて、癌の存在範囲、癌を構成する細胞の性質、転移の有無などを
正確に把握し、さらに患者様の体力・基礎疾患・体質などを考慮して最善の治療法を
考えるべき
です。したがって耳鼻咽喉科のクリニックで検査を受けた患者さんに頭頚部癌の疑いがある場合は、
疑われる癌の部位によって精査・治療をするための適当な病院を選び、早急に紹介状をお書き
することになります
。紹介を受けた病院の医師は紹介状の内容から必要な検査を選び、多くの場合
病理組織検査(癌の細胞の一部を採ってその癌の性質を調べる)を行って癌を確定をした上で治療方法
を選択することになります


 TOP オープニング   ページトップ


《親切な応対と解かりやすい説明》 都筑耳鼻咽喉科クリニック